このページが正常に動作するためには、スクリプト対応のブラウザが必要です。
Oracle Help for the Web?????????????


レポート・シンプル・カレンダ・アクセスの作成: レポート・シンプル使用可能日カレンダ名とPortal DBプロバイダ

ナビゲーション・リンクをスキップ| フィールドの説明 | 関連するヘルプ・トピック | 追加情報 | このページの表示方法 |

このページを使用して、使用可能日カレンダの内部名と表示名を指定し、そのカレンダを所有するPortal DBプロバイダを選択します。

先頭に移動フィールドの説明

レポート・シンプル使用可能日カレンダ名とPortal DBプロバイダ

フィールド 説明
名前 使用可能日カレンダをOracleAS Portal内部で識別するための一意な名前を入力します。たとえば、MY_CALENDARなどです。この名前は、OracleAS Portalの有効なコンポーネント名の規則に従う必要があります。
表示名 この使用可能日カレンダがOracleAS Portalを介して公開されたときに表示される名前を入力します。この名前には、空白を含めることができます。
Portal DBプロバイダ 使用可能日カレンダを所有するPortal DBプロバイダを選択します。OracleAS Portalに追加または作成するコンポーネントはすべてデータベース・プロバイダに所属させる必要があります。このリストには、コンポーネントを作成する権限を所有しているプロバイダの名前のみが表示されます。

先頭に移動関連するヘルプ・トピック

関連するページ・ヘルプ:

先頭に移動追加情報

オンライン・ブック:

Portal Center:

先頭に移動このページの表示方法

  1. 「Oracle Reportsセキュリティ」ポートレットで、「Oracle Reportsセキュリティの設定」リンクをクリックします。

    ヒント: デフォルトでは、「Oracle Reportsセキュリティ」ポートレットはPortalビルダー・ページにある「管理」タブの「ポータル」サブタブにあります。

  2. 「レポート・カレンダ・アクセス」ポートレットで「レポート・シンプル・カレンダ・アクセスの作成」リンクをクリックすると、このページが表示されます。