このページが正常に動作するためには、スクリプト対応のブラウザが必要です。
Oracle Help for the Web?????????????


レポートの結合されたカレンダ・アクセスの作成: 使用可能日カレンダの選択

ナビゲーション・リンクをスキップ| フィールドの説明 | 関連するヘルプ・トピック | 追加情報 | このページの表示方法 |

このページを使用して、結合する使用可能日カレンダを選択します。

1つの使用可能日カレンダのみをレポート・コンポーネントに適用できます。使用可能日カレンダを結合すると、多くの使用可能日ルールを1つの使用可能日カレンダに適用できます。

先頭に移動フィールドの説明

使用可能日カレンダの選択

フィールド 説明
使用可能日カレンダ この結合された使用可能日カレンダを作成しているPortal DBプロバイダに定義されている使用可能日カレンダを一覧表示します。結合するカレンダを選択し、右へ移動をクリックして、「選択された使用可能日カレンダ」リストに移動します。
選択された使用可能日カレンダ

この結合された使用可能日カレンダに含めるカレンダを一覧表示します。

注意:

  • このリストからカレンダを削除するには、カレンダを選択し、左へ移動をクリックします。

  • すべて左へ移動 およびすべて右へ移動をクリックすると、リスト間ですべてのカレンダを移動できます。

注意

先頭に移動関連するヘルプ・トピック

関連するページ・ヘルプ:

先頭に移動追加情報

オンライン・ブック:

Portal Center:

先頭に移動このページの表示方法

  1. 「Oracle Reportsセキュリティ」ポートレットで、「Oracle Reportsセキュリティの設定」リンクをクリックします。

    ヒント: デフォルトでは、「Oracle Reportsセキュリティ」ポートレットはPortalビルダー・ページにある「管理」タブの「ポータル」サブタブにあります。

  2. 「レポート・カレンダ・アクセス」ポートレットで、次のいずれかを行います。
    1. 新しいアクセス定義の作成:
      • 「レポートの結合されたカレンダ・アクセスの作成」リンクをクリックします。
      • レポートの結合された使用可能日カレンダの名前とPortal DBプロバイダ・ページで、必要な情報を入力し、「次へ」をクリックします。
      • 結合された使用可能日カレンダ・ページで、必要な情報を入力し、「次へ」をクリックしてこのページを表示します。
    2. 既存のアクセス定義の編集:
      • 「名前」フィールドで、カレンダ名を入力するか参照して選択し、「編集」をクリックします。
      • 「開発」タブで、「編集」または「新規として編集」をクリックし、このページ(「使用可能日カレンダの選択」タブ)を表示します。